つわり 栄養補給

つわりが辛くて食べられないときの栄養補給方法

妊娠中の症状は人によってかなり差があります。
つわりも「1人目の時はひどかったけれど、2人目の時はまったくつわりがなかった」というママもいるように、辛さも毎回違うのも珍しいことではありません。
どうしても何も食べられない、全く食欲がわかない・・・赤ちゃんのための栄養もたっぷり必要な妊娠中のつわりはとても気になります。
まずはどんなものでもいいので、「食べてもいいかな」と思えるものを口にしてみましょう。
オレンジジュースやポカリスエットなどのドリンクでも構いません。
あまりに食べられない場合は、栄養不足だけでなく脱水症状にならないように気を配ることも大切です。
また、つわりが辛い場合はお医者さまに相談し、ドクターが栄養不足と判断すれば点滴を打ってくれたりお薬を処方してくれます。
ただし、やっぱり口から何かを摂るのが基本ですので、少しでも調子のいいときに少しずつでも何かを食べるようにしたほうがいいのは当然のことです。
鉄分や葉酸、カルシウムなど、妊婦に必要な栄養素が入った青汁もつわりで量が食べられない方にはおすすめですが、匂いが気になる場合などは、ヨーグルトに混ぜたり、豆乳で割るなどするのもおすすめです。